hsp

お問い合わせ

HSPとは?

出産時の心臓病発症率が日本や欧米では150人に1人の割合ですが、モンゴルでは100人に1人。日本の医療ではすぐにできる手術でも、モンゴルの厳しい経済状況下ではそれが難しいのが実情です。こうした子どもを1人でも多く救うために立ち上がったのがHSPです。日本とモンゴルの医師団が協力し、2001年にモンゴルで最初の医療支援活動を実施。この活動により、2015年末までに447人のモンゴルで暮らす子どもが健康を回復しています。

more

最近の活動・新着情報

これからも交流を深めていきたいです
活動記録 2016年12月15日

2016年活動参加者の声

2016年11月のモンゴル医療支援活動に参加して  愛媛大学医学部附属病院 看護師 永田雅貴  心エコー検診の...

2016年11月24日患者さん、その親御さんとスタッフ全員集合
過去の活動記録 2016年12月13日

2016年11月のモンゴル渡・・・

2016年11月18日から24日の期間で実施しましたモンゴル渡航治療活動が終了いたしました。また翌25日にはウランバート...

12月6日、産経新聞社本社で行われた贈呈式(産經新聞社提供)
トピックス 2016年12月07日

「明美ちゃん基金」の本年度助・・・

2016年12月6日、東京・大手町の産經新聞社本社において、心臓病の子供を救う「明美ちゃん基金」の助成金の贈呈式が行われ...

%e6%84%9b%e5%aa%9b%e6%85%b0%e5%95%8f2016_007
活動記録 2016年10月30日

日馬富士関が愛媛大学付属病院・・・

2016年10月22日(土)、巡業の合間をぬって横綱日馬富士関が愛媛大学医学部付属病院の小児病棟を慰問しました。愛媛大学...

セレンゲ県に到着
活動記録 2016年10月12日

秋のモンゴル地方検診班 帰国・・・

2016年秋のモンゴル地方検診が10月12日帰国しました10月7日(金)に成田を出発したモンゴル地方検診班は12日(水)...

今回ホブド地方検診に一緒に行ったメンバーです
活動記録 2016年08月12日

2016年活動参加者の声

今回初参加でモンゴルの地方検診活動とウランバートルでの心カテーテル治療活動の両方に参加された小児循環器医師の方からのレポ...

2_DSCN2962
活動記録 2016年08月01日

2016年活動参加者の声

ハートセービングプロジェクトがモンゴルで治療活動を行う際、小児循環器医師と共に麻酔科医が日本から参加しています。今回参加...

IMG_0378
活動記録 2016年07月15日

7月7日に理事会が開かれまし・・・

7月7日(木)、東京ドームホテル ロビー内の「ガーデンテラス」において理事会が開かれました。ちょうど日本小児循環器学会が...

これがホブドの空港です
活動記録 2016年07月15日

2016年活動参加者の声

2016年GWの活動に参加した中で最年少の文系大学生からのレポート。彼女は日本語とモンゴル語のバイリンガルで、今回通訳兼...