hsp

お問い合わせ
S.フレルバータル元駐日モンゴル国大使(左)、ジャーナリスト西嶋大美氏(右)

2017年08月17日

2017応援団シリーズ(1)

ハートセービングプロジェクトのメンバーは大きなハートの持ち主!フレルバータル元駐日モンゴル国大使に聞く(上)インタビュー : 西嶋大美(ジャーナリスト、元読売新聞記者)同席者 : 宇佐美博幸(写真家、ハートセービングプロジェクト理事) 46年にわたって日本とかかわり、日本をもっともよく知るモンゴル人...

more
片岡功一先生(左)と共に心カテーテル手術を行っているモンゴルの医師たち

2017年08月08日

15回めのモンゴル 2006-2017

理事の片岡功一先生は、2017年5月のモンゴルでの治療活動に参加され、今回で15回目となる活動参加から得た所感を寄稿いただきました。以下にご紹介いたします。10年前から隔世の感あり。広がる経済格差2017年のゴールデンウィークに、ハートセービングプロジェクトのメンバーとしてウランバートルに渡航し、小...

more
モンゴル大地での夕陽

2017年07月11日

2017参加者の声

ハートセービングプロジェクトの活動に参加して愛媛大学医学部附属病院 PHCU 看護師 小出沙由紀今年も昨年に引き続きハートセービングプロジェクトの活動に看護師として参加させていただきました。昨年、初めてモンゴルに行き、この活動のスタッフの温かさや現地スタッフの愛国心や向上心、モンゴルの国の雄大さに心...

more
モスクにて

2017年07月06日

初めてのウズベキスタン 2017.5

緑豊かなオアシスの都市国際学会の場でHSPの富田英副理事長の元に「ニッポンのNGOハートセービングプロジェクトがウズベキスタンで活動する可能性はありますか?」とナジミディーン マカモフ医師が声をかけてきたのがこの度のウズベキスタン訪問の始まりでした。まずは病院の状態や医療制度の様子、HSPの活動の可...

more
050

2017年07月06日

モンゴル地方検診2017.5

10年ぶりのオルホン県とブルガン県4月28日、今回のモンゴル地方検診チームは成田を出発しました。チームは到着翌日の朝6時、車2台に分乗して、およそ450kmの距離であるオルホン県へ向けて出発しました。オルホン県はモンゴル国とロシアが国境を接する北部の県です。前回この両県を訪れたのは2006年です。今...

more
モンゴルの草原と大空

2017年06月23日

8月9日モンゴル地方検診出発します

2017年8月9日、モンゴル地方検診班が日本を出発します。今回の目的地はフブスグル県ムルンです。前回ここを訪れたのは2007年8月でしたので、10年ぶりの訪問となります。ハンガイ山脈の北、ロシアとの国境に位置するフブスグル県は、「モンゴルのスイス」とも呼ばれ、最も美しい地方のひとつとみなされています...

more