hsp

お問い合わせ
12月6日、産経新聞社本社で行われた贈呈式(産經新聞社提供)

2016年12月07日

「明美ちゃん基金」の本年度助成金の贈呈式がありました

2016年12月6日、東京・大手町の産經新聞社本社において、心臓病の子供を救う「明美ちゃん基金」の助成金の贈呈式が行われました。本年度対象となったのは4団体で、そのうちのひとつにハートセービングプロジェクトが選ばれました。これにより本年度助成金350万円を授与されることとなります。今後も心臓病の子供...

more
heart saving project のコピー

2016年07月02日

2016年度のご寄付団体様

2016年6月末までにご寄付をいただきました団体様のお名前は以下の通りです。ご寄付いただきました団体様にはこの場をお借りして心から御礼申し上げます。有り難うございました。なお、個人名につきましてはご本人の承諾がない限り、個人情報につき掲載しておりません。掲載のご希望は事務局までご連絡くださいませ。2...

more
2016-04-18

2016年04月18日

副理事長 富田英教授の紹介が掲載されました

ハートセービングプロジェクトの副理事長 富田英医師(昭和大学横浜市北部病院 循環器センター長)が「ホワイトリンク」(“専門医”あるいは“専門医を目指すドクター”限定のソーシャル・ネットワークサービス)と、「メディカルノート」(現役の医師や医学生が運営する医療Webメディア)に取り上げられました。以下...

more
総会お知らせ画像

2016年04月17日

第8期定例総会が終了しました

2016年4月17日(日)午後12時30分から第8期定例総会をNPO法人ハートセービングプロジェクト本社会議室(東京都世田谷区下馬五丁目17番12号)にて開催しました。総会の定数120人に対し出席76人(うち欠席による委任状64人を含む)と総会は成立しました。以下の議題が審議され質疑応答を経て、一部...

more
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年03月01日

出雲ロータリークラブ様ありがとうございます

超音波診断装置修理費用一式をいただきましたモンゴルでの天性心疾患のこどもたちの診断・治療に欠かすことのできない「超音波診断装置」が故障していましたが、この度、出雲ロータリークラブ様よりその修理費用一式として977,400円を拠出していただけることになりました。この「超音波診断装置」はおもにモンゴルで...

more
2016.2.22成田空港

2016年02月23日

モンゴルからバヤルマー医師 臨床修練医として来日

2016年2月22日、モンゴル国立母子保健センターの小児循環器医師であるバヤルマー(Nurzed Bayarmaa)医師が来日しました。翌23日から7月31日までの約5ヶ月間、愛媛大学大学院医学系研究科地域小児・周産期学講座にて臨床修練医として現場研修を受けるためです。「大変楽しみであり、大変緊張し...

more