hsp

お問い合わせ

団体概要

HSP(ハートセービングプロジェクト)とは?

日本の医療ではすぐにできる手術でも、モンゴルの厳しい経済状況下ではそれが難しい子供たちが大勢います。こうした子供たちを一人でも多く救いたいと、日本とモンゴル国の医師団が協力しあいながら2001年からモンゴルで医療支援活動を行っています。今後も継続して活動をすすめるために2008年9月、正式にNPO法人に。そして、2015年4月には認定NPO法人を取得いたしました。

認定NPO法人とは?

2015年末までにHSPの活動によって助かった子供は447人にのぼります(心臓カテーテルを受けた子供の実数は536人)。また、ウランバートルの国立母子保健センターで心臓のエコー診断を行った数が2419人、地方検診で行った心臓のエコー診断の数は2859人にのぼります。

gaimudaijin-s

2013年7月 これまでの活動が評価されて日本国外務省より外務大臣賞を受賞

はじまりは出会いから

dr-enkhsaihan

Dr. Enkhsaihan

dr-haneda

Dr.羽根田紀幸

モンゴル人女性医師P.エンフサイハンさんが島根医科大学(現島根大学医学部)に留学してきたのが、理事長・羽根田紀幸医師との出会いでした。
出産時の心臓病発症率が日本や欧米では150人に一人の割合が、モンゴルでは100人に1人。
日本の小児医療とモンゴル国の現状を比較して、なんとかできないだろうかと話したことがきっかけでした。
理事長・羽根田紀幸医師と、黒江兼司医師、矢野宏氏が自己資金で初めてモンゴル国を訪れたのが、2001年。
治療の成功したモンゴルの子供たちの笑顔が忘れられず、なんとか続けられないかと必要な医療物資の寄付を集めながら毎年この活動を続けて続けてきました。

1回の渡航で一週間ほど滞在し、地方と首都ウランバートルでの検診で心エコー検査を実施。
その中からカテーテル治療の必要な子どもたちにウランバートにある国立第3病院と国立母子保健センターで施術をします。

これからの目標

現在、日本の医師団はモンゴル国の医師団と共にモンゴルの子供たちの医療に従事することで、国境を超えて医療の交流を図っています。共通語である英語はもちろん、モンゴル国内で日ごろから日本と交流のある業務に携わっている日本語モンゴル語通訳者を介して、検討会を開いたり、現場で討論も行っています。

しかし、日本からHSPの医師団が渡航すると、モンゴル国の各地からたいへん大勢の患者が、治療を行う病院に集まるため、診察にかかる時間もたいへん長く、お互い意見交換をする時間が足りないのが実態です。
カテーテル医療がまだはじまったばかりのモンゴル。
日本からHSPの活動に参加する医師たちは、一刻も早く、モンゴルに日本の技術を定着させたいと願っています。

また、HSPはモンゴルから始まりましたが、小児循環器医療技術がモンゴル独自で進み始めたあかつきには、活動の場を求めて次の国を、という夢もあります。

目的

この法人は、海外医療ボランタリー活動をする日本の医療チームを対象者として、その活動を支援する事業を現地および日本国内で行い、さらにその活動を日本で広報する事業を行い、対象地域の保健、医療の増進を図るとともに、国際協力の活動に寄与することを目的とする。
この法人は、上記の目的を達成するため、特定非営利活動促進法第2条別表1号(保健、医療又は福祉の増進を図る活動)、及び9号(国際効力の活動)を行う。
この法人は上記の活動に係る次の事業を行う。

1.海外医療ボランタリー活動を現地で支援する事業
2.海外医療ボランタリー活動を日本で支援する事業
3.海外医療ボランタリー活動を日本で広報する事業

公式役員

dr-haneda

理事長 羽根田紀幸

医療法人どれみクリニック基常小児科福代皮膚科 理事
島根大学医学部臨床教授
モンゴル国立母子保健センター名誉教授

jpn-tomita

副理事長 富田英

昭和大学横浜市北部病院 循環器センター長 教授
北里大学客員教授
日本Pediatric Interventional Cardiology学会理事長
日本小児循環器学会理事 総務委員長

jpn-higaki

理事 檜垣高史

愛媛大学大学院 医学系研究科地域小児周産期学講座 教授

jpn-kataoka

理事 片岡功一

自治医科大学とちぎ子ども医療センター 小児手術・集中治療部講師(小児科兼務)

jpn-usami

理事 宇佐美博幸(事務局長)

写真家

jpn-yoshida

監事 吉田起男

吉田起男税理士事務所代表

事務局

jimukyoku-Altantuya

スタッフ Altantuya

スタッフ 丸野聡子

写真家

スタッフ 伊藤康弘

写真家

モンゴル国における協力団体

【NPO法人ズルフ ハマガーラフ トゥスル(TBB Zurkh Khamgaalakh Tusul)】
※モンゴルでのHSPの活動受け皿となるNPO法人

zkt-1oyuntuya

理事長 Oyuntuya

zkt-2otgonbaatar

副理事長 Otogonbaatar

zkt-3ganbaatar

スタッフ Ganbaatar

zkt-4badral

スタッフ Badral

zkt-5khurelbold

スタッフ Khrelbold

zkt-6amarjargal

スタッフ Amarjargal

zkt-7amgalanbaatar

スタッフ Amgalanbaatar

zkt-8khaliuna

スタッフ Khaliuna

zkt-9ariunzorigt

スタッフ Ariunzorigt

zkt-10angarag

スタッフ Angarag

【モンゴル国立母子保健センター(National Center for Maternal and Child Health)】
※モンゴルでのHSPの活動協力病院

ncmch-1enkhtur

センター長 Enkhtur

ncmch-2altantuya

センター内こども病院長 Altantuya

ncmch-3bolormaa

小児循環器科長・医師 Bolormaa

ncmch-4narantsatsral

小児循環器科 医師 Narantsatsral

ncmch-5undral

小児循環器科 医師 Undral

ncmch-6bayarmaa

小児循環器科 医師 Bayarmaa

ncmch-7bat-undrakh

小児循環器科 医師 Bat-Undrakh

ncmch-8vanchindorj

レジデント Vanchindorj

ncmch-9zoloo

麻酔科 医師 Zoloo

ncmch-10staff

小児循環器内科スタッフ

【国立第三病院(The Third State Central Hospital)】
※モンゴルでのHSPの活動協力病院

ttsch-1umur-ochir

病院長 Tumur-Ochir

ttsch-2batgerel

副院長 Batgerel

ttsch-3damdinsuren

医師 Damdinsuren

【バヤンゴルホテル】
※HSPへ宿泊を無償提供してくださっているホテル

hotel

その他規則・規程

現在、NPO法人ハートセービングプロジェクトでは、正職員および臨時職員を雇用しておりません。しかしながら今後の雇用の可能性を考えて就業 規則を策定しております。

就業規則
情報公開規程
役員報酬規程